年下男性を振り向かせる行動と会話テクニック【年上女性即実践可】

片想い

この記事は 約6 分で読めます。

気になる年下男性がいると「自分に振り向いてほしい…」とか「好意があることをわかってほしい」と思うことありますよね!

でもどうしたら振り向いてくれるのかわからない?そんな人に必見!年下男性を振り向かせるテクニックを紹介します。

年下男性の心理は?

まず、年下男性を振り向かせるには、彼らの心理を知る必要があります。考えてみましょう!

能動的に動けない

年下男性は年上女性と接することにハードルを感じます。

気軽に話しかけることが出来ない存在だと思ってしまうのです。ホントは食事やデートに誘いたいのに、断られることを恐れて遠慮してしまいます。

それは年上女性に強い憧れを感じたり、年上女性特有の落ち着きや美しさから、男性側が劣ってしまっていると感じがちだからです。

好意の出し方が薄い

最近は、多くの男性が草食系と呼ばれる時代になってしまいました。

なので、男性側から好きな気持ちを伝えられないパターンが多いです。

好きな年上女性を、1対1で食事やデートに誘えないので、共通の友達を含めて誘ったりすることがあるのです。

マイペース

年下男性は恋愛に関してマイペースかもしれません。

自分の空間や趣味を大切にしていて、強要されたり押しつけらるのを嫌う傾向がありそうです。

恋愛の相手としては、距離感をつかみにくいと感じるときがあるかもしれません。

振り向かせる行動

まずは年下男子を振り向かせる行動から考えてみましょう~。

ボディタッチ

体と体が触れ合うことは、感情にも働きかけることになり、意識してしまいます。

ボディタッチは脈ありと感じさせる、効果的な方法と言えるかもしれません。

では、具体的にどのようにボディタッチすればよいのでしょうか?

  • 肩…移動している時、運動している時などに肩にふれて声をかけることができます。ポイントは「さりげなく」行うことです。
  • 手…モノを借りる時、「手相を見る」という口実で手に触れることができるかもしれません。肩より難易度は高いかもしれません。
  • 膝…相手が座っている時にさりげなく呼ぶしぐさとして膝に触れることができます。

大事なのは、自然でさりげないに行うことです!実践してみましょう~

アイコンタクト

会話を通して受ける相手の印象のうち、55%は視覚情報からだと言われています。

それくらい相手の目を見ることは大切です。

相手と目を合わせる時間が長いほどそこに「何か深い意図があるのではないか?」と感じるのです。

会話中ずっと相手の目を見てみましょう!

男性としては「自分の話を真剣に聞いてくれている」と思いますし、ずっと見つめられると好意を感じます。

ただ、目を見ると緊張してしまうと思います。

それで使えるのが、おでこや眉間のあたりをぼーっと見ることです。これだと「こちら側は目を見ていない」のですが、相手は「目を見てくれている」と感じてしまうのです。

笑顔

満面の笑みは最強です!

相手と話しているときに笑顔で聞くだけで好感が持てます。

結局は自分の存在を意識させることが大切なので、好きな年下男子には「笑顔」を意識しましょう。

振り向かせる会話

自分を知ってもらわないと、振り向いてもらえないですよね。

自分を知ってもらうには、会話をすることに限ります!では会話でどんなことを意識できるか考えてみましょう~。

話を聞く

「自分について知ってほしい」と思うと、ついつい自分の話ばっかりになってしまうことはありませんか?

会話で重要なのはキャッチボールです!自分だけ一方的に投げることはできません。

相手の話もよく聞くことが大切です。

相手が、会話のなかで「心地よい」と感じてもらえるような聞き方をするために、上手に質問をすることもできます。

相手がもっと話したくなるような質問をしましょう。

例えば、仕事の話をしていたとすれば、男性はその時の事実や苦労を話す傾向があるので、その時「どう感じたか」という感情についての質問をしてみるのはいかかがですか?

媚びない

年上女性は自分が年上ということに引け目を感じ、なんでもに相手合わせようとする傾向があるかもしれません。

ですが、相手を振り向かせるためには「媚びない」こと、つまり、なんでも相手に合わせようとしないことが大切です。

自分の意思をしっかり持つことによって、年下男性は「自立」している女性と感じます。

自分の考え方を伝えることも、年下男性を振り向かせるテクニックです。意識してみましょう。

年下男性を振り向かせた経験談

年下男性を振り向かせようと思って、うまくいった経験談とうまくいかなかった経験談、どちらも知っているので簡単にご紹介します。

失敗した体験談

職場で上司であるTさんは、同じ職場内の年下男性Sさんのことが気になり、職場内恋愛ができないかと考えました。

しかし、責任感の強いTさんは、仕事だけでなく、Sさんとの関係でも「しっかりしなければ」と考えてしまい、Sさんのことをリードしてしまったようなのです。

Sさんは、年下であっても自分がリーダーシップを発揮したいタイプだったようで、いろんな場面で引っ張ってしまうTさんのことを、窮屈に感じてしまったようでした。

やはり、年下男性と接する時も、「お姉さん」や「女上司」のようなものは少し封印して、男の人を立てる工夫ができるといいのかもしれないですね。

差し入れを受け取って好意を感じた

自分も年上女性から差し入れなどを頂くことがあります。その時に感じた率直な感情をお伝えします。

買った差し入れ

お店で買ってくださった差し入れは、当たり前ですが、ほぼほぼおいしいです。(笑)

また、自分の好きな食べ物やをよくリサーチしてくれて渡されると「気遣いが出来る女性だ」と感じます。

自分の好きなものでなかった場合は、社交辞令なのか、ただ好意をもって差し入れをしてくれているのか、わかりにくく感じる時もあります。

手作りの差し入れ

手作りの差し入れも嬉しいですが、たまに味が微妙なときもあります。(笑)

でも、「手作りの手間」を考えると、好意を持ってくださっていることを強く感じることができます。料理に自信があるとすれば効果は絶大です!

渡し方

差し入れはホントに嬉しいものですが、より一層好意を感じさせるために「渡し方」がポイントになるかもしれません。

私は渡す際には多くを語らず、「これ、差し入れです!食べてください」にとどめ、その後LINEなどでどんなものか、どこで買ったかを伝えてくれる方が好感が持てます。

その方がお礼も伝えやすい!というのもあります。もちろん、お会いした際にもお礼は伝えますけど…笑笑

最後に

気になる年下男性を振り向かせるテクニックを紹介しましたが、いかがでしたか?

自分にも出来そうなテクニックがありましたか?

是非試してほしいと思いますが、無理に全部のテクニックにチャレンジしなくてもよいと思います。

大切なのは自分の武器をもつことです!

「素敵な笑顔」や「自然なボディタッチ」など、誰にも負けない武器を一つ持って磨きをかけてみるのはいかがですか?

コメント